Entich(エンティック)レビュー1

Entich(エンティック)

おはようございます。
いけやんです。
Entich(エンティック)先行購入して使ってみました。

Entich(エンティック)では、共起語を調べてくれるツールです。

共起語(きょうきご)とは?
共起語とは、あるキーワード『A』が文章中に出た時に、その文章で頻繁に用いられる単語『B』のことを差します。
例えば、”脱毛ラボ”というキーワードが『A』とすると、文章中に出てくると、その文章には ”プラン” や “サロン” というキーワード『B』が良く用いられます。このように、あるキーワードと共によく使われるキーワードが共起語です。

メインのクーワードと一緒に使うことでESO上、有利になるので文章の中に共起語を入れましょうとなります。

Entich(エンティック)では、指定したキーワードの共起語を調べてくれるツールで
共起語(単語)の種類・出現回数・全体の出現数の割合・単語を指定しているサイト数
あと、指定URL内の使用回数・指定URL内の使用湿原率
単語が使われている前後の文章などが調べられます。

使用例としては、
自分が作ったサイトと上位表示じているサイトの共起語の関係がわかります。
自分が作ったサイトに使っている共起語なら○が付きます
自分が作ったサイトに使っていない共起語なら空白になります。

○がついていない共起語(単語)を自分のサイトに記載していけばESO上、良いと言われています。
文例や検索順位のサイトに何語使われているかもわかりますので、それを見て判断していきます。

上位サイトにはあって、指定のURLには存在しない単語には「〇」が付きます
検索時に指定されたキーワードに対して併記されている単語(共起語)です
検索結果の上位20位のサイトの中で使わている使用回数の合計です
全単語の③の合計値からみた対象の単語がどれくらいの割合を占めているかの数値になります
②の単語が上位20サイトの内、いくつのサイトが使用しているかを表しています
検索時に指定されたURL内で②の単語が使わている回数です
検索時に指定されたURL内で②の単語が出現する割合です
実際に②の単語を使っているサイトの文例です
⑧の文例があるページのURLです
検索順位ごとに、単語の出現回数を表示しています

 

客観的に数値で上位表示しているサイトと自分のサイトの違いが分かるのが良いと思います。

またこれからサイトを作るのならどんな共起語を入れないといけないか
判断できると思います。

そういった意味で大変使えるツールだと思います。
手動で調べることは可能ですが時間を買ったと思っていけやんは購入しました。

 

販売は、本日、12時からです。

下のバーナーをクリックすると販売ページに飛びます。

ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です