モバイルフレンドリーテストって知ってますか?

モバイルフレンドリーテストをしよう

スマホからのアクセスが増えてきてますね~
私の管理しているサイトも8割方タブレットやスマホです。

モバイル端末からの検索が急増していることに変わりません
PCに戻ることはないでしょう。

Googleもモバイルからの検索を重要視していてサイトがモバイルに最適化されていないとページが上位表示されにくいアルゴリズムを導入しているとのことです。

(アルゴリズムとは、問題を解くための手順を定式化した形で表現したものを言う。算法と訳されることもある。
「問題」はその「解」を持っているが、アルゴリズムは正しくその解を得るための具体的手順および根拠を与える。さらに多くの場合において効率性が重要となる。
コンピュータにアルゴリズムをソフトウェア的に実装するものがコンピュータプログラムである。人間より速く大量に計算ができるのがコンピュータの強みであるが、その計算が正しく効率的であるためには、正しく効率的なアルゴリズムに基づいたものでなければならない。)

解説するとGoogleは、モバイル端末(スマートフォン等)からの検索が今後増えると予想し、作成されたサイトがモバイル端末でもストレス無しで観覧できるようになってないと行けないと考えました。

なのでGoogleは、モバイルサイトに最適化したサイトはこのような物と説明し、合わせて
「モバイルフレンドリーテスト」ページを提供してます。

  「モバイルフレンドリーテスト」のページへ

使い方は簡単です。
チェックしたいページのURLを入力し『テスト実行』ボタンを押すと数十秒で結果が表示されます。

モバイルフレンドリーテストのページの下側には

・このツールについて
モバイル端末でのページの使いやすさをテストします。ページの URL を入力するだけで、使いやすさのスコアが表示されます。
使い方のヒントをもっと見る

・モバイルに対応する理由
モバイル端末からのウェブへのアクセス数は増加しています。ウェブサイトをモバイル フレンドリーにすると、あらゆる端末でのパフォーマンスが高まります。

・Search Console の概要
Search Console では、サイトの重大なエラー(ハッキングされたコンテンツの検出など)について確認し、検索結果でのコンテンツの表示を管理できます。

がのコンテンツがありますので気になるかかは読んでみてください。

まとめ

サイトを作ったら
モバイルフレンドリーテストを実施し結果を見る。

『このページはモバイル フレンドリーです』と出ればOK

『このページはモバイル フレンドリーでは、ありません』などと出れば指摘された箇所を修正して再度テストしてみましょう。

ちなみにこのサイトの結果は

ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です