画像作成ツール「Garaku」他の画像作成ツールとの比較

Garaku(画像作成ツール)の紹介をしていますが
今回は、他の画像作成ツールと比べてどうなのかをお伝えします。

しかし私は、高額な画像作成ツール、PhotoshopやIllustratorは、使ったことが有りませんのであしからず

Photoshopのような高機能「GIMP」
フリーのソフトとしては高機能のGIMPですが、使い方をマスターするのに時間が掛かります。
YouTube等で使い方の動画が沢山紹介されています。
動画を見ながら作成すれば使えないことはないと思いますが、使えるようになるまで時間が掛るのがもったいない。

Windows標準ソフトのペイント&ペイント3D
画像の切りなどの機能が使いやすいですが、画像のぼかしなどの機能がないので始めに使う画像を加工した上で使う必要があります。
また、レイヤーがないので一発勝負的な所が難点です。

3Dの方は、ペイントより高機能です。
人物の切り抜きなども出来ますが保存の仕方に戸惑うと思います。
3Dイメージを作れるので面白いと思いますがバナーを作るのには少し不向きと思います。

バナープラス

Windows専用ソフトです。Macでは使えません。
Garakuとよく似た画像作成ツールです。
Garakuとの大きな違いは、バナープラスにはキャラクターが作れる機能がついていること

こんなのが約1分ほどで出来てしまいます。
キャラクター

簡単画像加工ツールとしては、走りの商品なので仕方ないと思いますが

バナープラスはお値段が張ります。

購入時、1年ライセンス¥14,700円

更新時、自動更新ではありません¥9,800円

それを考えるとGarakuは、安いな~

 

Garakuの販売は

開始:6月25日(月)18時~
終了:6月28日(木)23時59分までの4日間
商品販売価格4,980円
※6月29日(金)以降は9,800円での販売です。

ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です